夏は涼しく、冬は暖か。 シルクは天然の機能性素材です。

ABOUT SILK

シルクの魅力

真珠のような美しい光沢と柔らかな風合いで、古くから世界中で愛されているシルク。

しかしシルクは見た目の美しさだけでなく、機能面でも他の繊維にはない多くの魅力を秘めています。蚕の繭から作られるシルクの繊維は、人の肌の成分に近い約2 0 種のアミノ酸が結合したタンパク質でできています。

そのため「第二の肌」と呼ばれるほど、肌に優しい繊維です。その身体との親和性の高さから、外科手術用の縫合糸としても古くから利用されてきました。

また近年ではシルクの成分が入った健康食品や化粧品なども開発されており、体の内側からも、美と健康を育むために利用されています。

  • 肌へのやさしさ

    シルクは天然繊維では唯一の長繊維であり、一本の繊維が1000mにもなります。そのためシルク生地の表面は、毛羽立ちが少なく非常に滑らかなので、肌に余計な刺激を与えません。また静電気が起きにくい性質もあり、放電による肌へのストレスも避けることができます。

    ※著しく乾燥した環境の場合、シルクでも静電気は避けられません。

  • 紫外線( U V )カット効果

    シルクの原料である繭は、中の蚕を紫外線から守るため、天然の防御機能を備えています。実際にシルクの紫外線カット率は約90%と高い数値が報告されています。

    紫外線カット率は生地の色にも左右されます。黒や紺など濃色の生地のほうがより高い紫外線カット効果を得られます。

  • 優れた吸湿性・放湿性・保温性

    シルクは綿に比べ1.3〜1.5倍の吸湿性・放湿性があり、汗をかいても蒸れにくく快適な着心地を保ってくれます。

    またシルクは繊維の中に空気を多く含んでいる為、外気の温度に影響されにくい保温性も備えています。「夏は涼しく、冬は暖かい」シルクは天然のエアコン素材です。

シルクのお手入れについて

「シルク製品はお手入れが大変… 」と思っている方も多いはずです。

しかし、ポイントさえ押さえれば自宅で洗うことが可能なシルク製品もたくさんあります。

シルクは綿や麻などに劣らない繊維の強度をもっていますが、水に濡れることでその強度が落ち、繊維が傷つきやすくなります。またシルクは日光にあてると、変色してしまいますので洗濯後干し方や保管にも注意が必要です。

シルク製品を永くご愛用いただく為にも、お洗濯のポイントを覚えておきましょう。

  • 30℃程度のぬるま湯で、優しく押すように洗ってください。シルクは摩擦に弱いので、もみ洗いや強く絞ることは避けましょう。

  • シルクは直射日光が当たると変色する場合がありますので、必ず陰干ししてください。タンブラー乾燥機の使用は厳禁です。保管の際も日光の当たらない場所にしましょう。

  • 洗濯機をご使用する場合は洗濯ネットを使用して、洗濯機のドライコース(手洗いコース)で洗って下さい。沢山のものを一緒に洗うと摩擦が発生し、生地が傷みやすくなりますので、できるだけ単体でのお洗濯をおお勧めします。また脱水時間を短く設定した方が良いでしょう。

  • シルク製品にアイロンをかける場合には、必ず上から綿などの当て布をして、110°~130°の温度でかけて下さい。アイロンに力をかけすぎると生地を傷めてしまいますので、優しく軽めにかけるようにしましょう。

  • シルク繊維はタンパク質でできています。お洗濯の際は必ず中性洗剤、またはシルク専用の洗剤をご使用下さい。漂白剤や漂白剤入りの洗剤はの使用は厳禁です。

〈注意〉当社のシルク製品には水洗いできないものもございます。サテンなど光沢の強い生地や、刺繍など特殊加工の施された製品は、専門店でのドライクリーニングをおすすめします。必ず製品に付いている洗濯表示をご確認ください。

SILK COLLECTION

ORIGINAL DESIGN

手描きから生みだす、表情豊かなプリントデザイン

白く滑らかなシルクは染め上がりの発色がとても美しく、繊細な柄も鮮やかに表現する事が可能です。

当社のプリントパターン(図柄) は、自社スタジオにてデザイナーが手描きした原画を、コンピュータで編集し完成します。手描きならではの、繊細なタッチや淡いグラデーションはシルクの美しさを一層際立たせます。その他にもヨーロッパをはじめとする海外のデザインスタジオのプリントパターンも毎シーズン取り入れることで、バリエーション豊かな商品企画が可能となりました。

ワンシーズンで作られるプリントパターンは、20〜30種にも及びます。

定番となるプリントパターンもありますが、その多くは移り変わっていくため、クボのシルクウエアはまさに一期一会。季節ごとに移ろい、新たに生まれてくるオリジナルデザインは、永く着るごとに唯一無二の存在になっていきます。